« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

ゴールデンが、、、

ゴールデンウィーク前半はお天気に恵まれ、まるで初夏の陽気でした。
家に引きこもって勉強してるのがもったいないくらい。。。

2日と3日は予定が入っていたのに、天気予報を見たら2日の夜から雨、、、3日も雨。。。
自称晴れオンナなのに。。。

ゴールデン感が色褪せてきました。。。

オクトーバーフェストなるドイツビールとソーセージを楽しむお祭りに行くことになっていたのに(お酒飲めないくせに)、ぷひー。
ひと箱古本市も楽しみにしていたのに、、、しかしこちらは雨天決行。大丈夫なんだろうか? 本は、、、

やはり家でマジメに勉強しろよ、ってことなのでしょうか??

シゲキ的な日々

仕事デビューして一週間。
週の後半は仕事量がちょうどよくなってきて、集中力が高まりました。
何事も追い込まれないとやらないタイプなので、デッドラインが遠くにありすぎると気がゆるんで集中しづらいので。。。
自分に課すべき適切な作業量と時間に気づいた一週間でした。
在宅の仕事をひき受ける時の目安にもなりそう。

時間をかければかけただけ完成度の高いものができる、というのは、ある程度までは真実ですが、「ある程度」を超えると、そこからはどんなにがんばっても完成度は上がらないような気がします。今度は能力の限界にぶち当たるから。まあ、現実にはそんなにたっぷり作業時間があるのは稀ですが。

今の職場は本当に多彩なバックグラウンドを持つ人が多くて、お昼休みにちょこっとお喋りしてると面白い世界を垣間見ることができます。
フリーランスの翻訳者や、金融機関とか税理士・会計事務所で働いていた人、というのが会社側が求めていた人材っぽいのですが(わたしはどれにも該当してませんが、、、)ひとくちに金融機関と言っても、いろいろな職場があるようです。
フィリピン銀行の東京支店で働いていた子は、切実なフィリピン人の生活事情が反映された特殊な銀行業務について語ってくれて興味深かったです。
隣の席に座っている人は、派遣で企業内翻訳者をやっていたらしいし。(そして彼も簿記検定の勉強中。考えることは皆一緒ですねー)

そして、当然といえば当然なのでしょうけど、みんな英語がぺらぺら。。。
採用の条件にTOEIC950点以上とあったので(わたしは940しかないけどダメもとで応募してみたのです、、、)、周りの人たちに「わたし、TOEIC940点しかないんだ~」とカミングアウトしたら、けっこうみんな似たり寄ったりなスコアで(求人媒体によっては900点以上で募集を出していたらしい)ほっとしたのもつかの間、みなさん英語ぺらぺらなんです。。。あ~う~。。。じすいずあぺん。。。

日常会話くらいならできなくもないけど、全く流暢に話せないし、ビジネス英会話なんて経験ないし。
ドイツ人のSとは英語で話をするけど、そもそも彼女とは共有している知識や経験が多いし、思想的にも似ているので、最後まで話さなくてもあ・うんの呼吸でわかりあえてしまうのです。いいんだか悪いんだか、、、この人と喋っていても英語は上達しないのです。

そんなわけでNHKのラジオ講座(実践ビジネス英語)のテキストを買ってみました。
20代の頃ちょっと聞いていたのですが、講師が変わってから聞くのをやめてしまったのでした。今回本屋さんでテキストを見たら昔の講師(杉田敏先生!)に戻っていたので、ちょっとモチベーションあがりました♪ ラジオ講座って音声しかないから、先生の声とか話し方が好きになれないと生理的に聞けないのです。

TOEIC受験まであと1ヶ月か~。。。

春の雨は音もなくきらきら、、、

ダ・ヴィンチを読んでいると、読みたい本があれこれ見つかってしまう。
「ブックガイド」のようなものを頼りに読書を広げるのはあまり好きではないけど、今回は京都特集だから買ったわけだし、これもひとつの縁と申せましょうか。

いま気になっているのは室生犀星の晩年の作品で、ペットの金魚がオンナに変身するとかいう話。へんてこな設定に惹かれます。

今週から本格的に仕事デビューしましたが、なんか今日は猛烈に眠かったうえに、今の職場は作業時間をたっぷりとってくれるので切迫感もなく、一日中まぶたが重たい。。。
帰りの電車は乗り過ごさなかったものの、目の前に布団が敷いてあったら間違いなく中に潜り込んで3秒で熟睡できそうなほど。。。

しかし、地元の駅に着いたらまさかの雨! 街灯の光の中で音もなく静かに降る細い雨がきらきらと光っていた。
一日の終わりにようやく少し目が覚めました。。。

ひょんなことから六義園へ

東京はすっきりしないお天気が続いています。。。

新しい職場のトレーニングはこの間の木曜日で終了。ネットやPDF検索のワザだけでなく、翻訳するうえで役に立つ便利なサイトの数々も惜しみなく披露していただき、本当に恐縮っす。
金曜日は仕事デビューでしたが、一週間の終わりの日でもあり、ウォーミングアップ程度の軽い英訳とチェックのお仕事を依頼され、同期のAさんと一緒に仕上げました。

Aさんは大学時代を京都で過ごされたそうで、京都がマイブームのわたしにはとてもうらやましい。無職になったらしばらく京都で暮らそうかしらん。
柳月堂のくるみパンを朝食にいただき、鴨川沿いを自転車でかっとばして、恵文社やガケ書房にふらりと立ち寄り、錦市場で仕入れた食材で夕飯作って、夜は銭湯に通う、、、ああ、いいね、いいね~。こんな生活したいです♪ (いや、それよりも仕事探せって感じですが、、、)

今日は新宿から山手線に乗ったら電車の中で爆睡。はっと目が覚めたらそこは田端! 池袋で降りるつもりだったのに。。。
慌てて電車を降り、せっかくだから石英さんのところを覗いていこうかと思ったけど今日は日曜日だからお休みのハズ。。。ブログを拝見したら面白そうな特集(旅本関係)をやっていたのでそのうち行きたいのですが。
階段を上って反対側のホームへ行き、池袋に向かう電車に乗ったら、ふと六義園に行きたくなったので、これまた慌てて駒込で電車を降りる。

大きな木や、緑に囲まれた空間を歩いているとほっとします。
アスファルトではなく、土の上を歩くのもなんだか落ち着くし。

ぶらぶらと適当に散歩していたら、滝見の茶屋で園内ガイドさん率いる8名ほどの団体客に遭遇。
ガイドのおじいさんに、「お姉さんもよかったら一緒に聞いてって!」と声をかけられたので、団体さんに混じって茶屋の椅子に腰かけてガイドさんのお話をに耳を傾ける。
あの岩の穴が空いているところには仙人が住んでいるとか、この岩の名前は、、、とか、さすがガイドさんはよくご存知で、楽しいひと時を過ごせました。
その後、ガイドさん率いる団体客は水の中の飛び石を渡って向こう岸へ。
「ときどき水の中に落っこちる人がいるから気をつけてくださいね!」とガイドさんが団体客に冗談ぽく注意を促す。
「でも、石は動きませんよ! 動くのは人間の方ですから!!」と言うと、どっと笑い声がおこる。
お客さんを和ませるのもガイドさんの仕事なのですね。天晴なエンターテイナー!

天気予報では夕方ころから雨の予報でしたが、六義園散策中は雨に降られることもなく、のんびりと散歩を楽しめました♪

地元の書店で帰りにダ・ヴィンチを買う。
訪れてみたい京都の名所や本屋さん情報が満載です♪ 京都に行くときはきっとこの雑誌も持っていく気がします。

京都ブーム?

昨日は簿記検定のテキストや過去問を買いに久々にジュンク堂へ出かけた。
レジに並ぼうと思ったら、すごい長蛇の列で最後尾は一体どこ??? というほど遠い。雑誌コーナーの辺りで「待ち時間7分」(!)と書かれたプラカードを掲げている店員さんをようやく見つけた。
新学期が始まったばかりで普段よりもお客さんが多かったみたい。

レジで本を渡したら、「ひとりで歩く京都本」という雑誌の広告コピーが目に飛び込んできた。
むむむ。
今年は京都に行きたいなあ、、、と思っていたので、お会計を済ませた後、ついつい雑誌コーナーをのぞきに行く。
が、目当ての雑誌は見つからず、うろうろしていたら、今度はダ・ヴィンチの表紙に引き寄せられる。今月号の特集は、

「京都で、本を」

むむーん。
手に取ってぱらぱらとめくっていると、ますます京都に魅せられていく。

「ひとりで歩く京都本」もどうしても見てみたくなり、エスカレーターにのって旅行関係の売り場まで行き、ようやく見つけました。
発行元はエルマガジン。
欲しいなあ、と思う京都関連の雑誌(ムック)って、だいたいこの出版社から出てるんですよね。

迷った末に結局買わなかったのですが、いまだに気になってます。。。

それにしても、なんで世間はこんなに京都ブームなのだろう???
それとも、京都に行きたいな~という思いがが潜在意識にあると、自然に「京都」という文字が目に入ってくるのだろうか???

なんとなく今年は京都に行く予感☆

新生活☆

東京は昨晩から雨が降り始め、今日も一日中雨音が聞こえています。
先週末お花見したのが夢のよう。
桜はだいぶ散り、路面のあちこちに濡れた花びらが貼りついています。

新しい職場に移り、2週間が過ぎました。
今度の会社は研修をガッツリやってくれるので、この2週間、仕事らしい仕事は何もしておらず、ひたすらトレーニング中です。
一応、経験者ではあるのですが、具体的な作業の進め方とか会社によって違ったりもするので、同期の子と一緒に一から学ぶ日々。

しかし、今まで全然知らなかった資料検索の方法とか教えてもらったりして、本当に目からウロコなことが多々あります。
翻訳関係の仕事に携わると調べものは常についてまわるのですが、効率的な検索の仕方を知っているかいないかで作業時間が大幅に変わるし、そもそも探している資料にたどりつく確率も左右されてしまうということがわかりました。
今まで地道に10分も20分もかけてやっていたことが数秒で出来てしまうと、ホント感動します☆
このトレーニングを受けただけでも転職した甲斐があったかも。

役に立つ知識は皆で共有しようとか、どうすればより完成度の高いものが作れるか、ということを前向きに検討する雰囲気がある現場なので、その点はとても居心地いいです。

翻訳会社、というと単に英語を日本語にしたり、日本語を英語にしたり、というイメージを持つ人がほとんどではないかと思いますが(わたしも以前はそうだった)、以前の職場も今の職場も財務関連文書を扱っているため、数字はもちろんのこと、文書内での言葉の整合性やレイアウトなど、かなり細かいところまで念入りにチェックして仕上げていきます。

一つの書類を複数の人が何度もチェックしますが、それでもミスがおきるのが現実。
20代の頃、派遣で働いていた出版社のベテラン編集者さんがつぶやいた一言は今でも忘れられません。
「校正恐るべし」
全く同感。

完璧なものを目指すのは当然だけど、それでもミスが出てしまう。所詮人間のすることは不完全。では、それをどうやって克服したらいいのか? そのためにあれこれと知恵を出し合う、というのはとても健全で前向きな姿勢だと思う。

こういう仕事って、よくわからんが、やはり自分たちの非力さや無力さをきちんと認めることから始めるしかないんじゃないかなあ、と個人的には思います。
でないと、お客さんにミスを指摘されるたびに、笑ってごまかしたり、他人のせいにしたり、という不毛なサイクルから抜け出せない気がします。

それはさておき、居心地のいい職場とはいえ結局のところ短期契約でしかないので、今のうちに就活したり勉強したりして充電しておかないと。
というわけで、今週から簿記の勉強を始めました。
目指すは6月中旬の簿記検定試験。
TOEICもまた受験しないと。(TOEICのスコアは一応2年間しか有効ではないのです)

あっという間に2か月が過ぎていきそうです。。。

暴風雨

外はすごい風です。部屋の中にいても風のうなり声が聞こえてきます。

今日は14時半ごろ職場で帰宅命令が出ました。
中途半端な時間だったにもかかわらず、山手線はこみこみ。早々と帰宅する人が大勢いたようです。

先週の土曜日もすごい突風が吹いて、外を歩いていたらビニール傘の骨が一瞬でぐにゃっと曲がってしまいました。ほんと風の力ってオソロシイ。。。

埋立地へ。。。

一昨日は最後の出勤日でした。
思い切って転職したのが一年前。いろいろありましたが、とにかく仕事量が多い職場だったので、たった一年しか働いていないけれど2年くらい勤めていたような気がします。。。

ちなみに、明日からの職場は田町です。住所は港区海岸。めっちゃ埋立地です。。。
面接とテストが行われた部屋の窓からは東京湾が、、、あまりにも近かった。地盤は大丈夫なのか!?

昨日の朝刊の一面には、東京湾が震源地の地震が起きた際の想定震度分布図が載っており、わたしの不安をますます煽ります。

しかし、いつ来るのかわからぬ地震に怯えて暮らしていてもしょうがないので、明日からは腹をくくって山手線をぐるっと半周して通勤いたします。新宿、渋谷、恵比寿に目黒、どこで降りても楽しそう。いや、遊んでる場合じゃないですが。。。

転職と言っても仕事内容は以前と全く同じ。というか、今度の会社は前のとこと比べるとちょっと規模が大きいので、業務はもっと細分化されており、残業時間もはるかに短くなる予定です。5月が繁忙期なのは一緒ですが、それでも週末出勤は月に一日程度で良いみたいで、労働条件や職場環境は大幅に改善される見込みです。キャホ~♪

しかし一番問題なのは、埋立地ということではなく、期間限定のお仕事という点です。とりあえず5月末までの短期契約で、その後延長の可能性もないわけではないのですが、まだ先のことは何もわからぬ状況でして、なんとも不安定な日々。あああ、埋立地に立っているのはわたし。。。

どんなに勤務条件が悪くても前の職場にいれば安定した日々は送れたのですが、あえてそれを手放す決意をしたのは、わたしなりの信念と申せましょうか、いや、そんな大仰なことでもないのですが、、、

あとは、翻訳の勉強会に参加することにしたのもあって、今年はもう少し自分のために使える時間を増やせたらいいなあ、と思ったりもしていたわけで、まあ、いろいろと背中を押してくれる要因があったのでせう。

こんな行き当たりばったりな人生でいいんだろうか、という気もしますが、結局のところ、翻訳は楽しいな~、という点においては昔から変わらぬままなんですよねー。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ