« 一年が経ち、、、 | トップページ | 染井温泉でリフレッシュ »

これからが人生だ

旬のとちおとめ苺を使ったジュースの看板につられて、ディーン&デルカに入った。
レジでコーヒーを注文していたやや年配の女性は、コシノなんとか風なモードなおかっぱ頭で、やはり外苑前はこういう人が多いのだなあと感心する。

いちごジュースを受け取り、席を探して店内を見渡すと、さっきのモードなおかっぱ女性が合流した一団の隣が空いている。白髪混じりの男性2名と、これまたモードなおかっぱ頭のオバハンが一緒だった。化粧が濃くてインパクトのある顔だなあ、と思いつつ、オバハンの隣に座った。

4月の翻訳勉強会の課題を読みつつも、隣の4人組の話が耳に入ってくる。

白髪混じりの男性はオバハンを「先生」と呼び、オバハンは福島のお祭りで浴衣の審査員として招かれたらしい。
というわけで、本物のコシノジュンコであることが判明した。

隣のテーブルから聞こえてきた話をこんなところに書くのは気が引けますが、でも、このブログはごく限られた古本関係の人しか知らないので、まあよいとしましょう。

人生は、とか、これから、とかいう言葉が聞こえてきたので、ちょっと耳を澄ませてしまった。
すると、コシノジュンコ曰く、「人生はこれからだ、」よりも、「これからが人生だ、」の方がいいわよね、力強い感じがして、と。

ふむふむ。そうねえ、どっちがいいかしら、とわたしも隣で考えてみた。
「これからが人生だ、」と言うのなら、それまでは何だったのだろうか、、、という疑問も生じてくる。人生ですらなかったの?
「人生はこれからだ、」というのは、すでに人生のスタートは切っていて、いろいろ苦難があったものの、ようやく自分らしく生きられる日々が始まるぞ、という感じでしょうか。

そんなことを考えていると、やはりコシノジュンコの意見になるほど、と思うところがあった。

これからが人生だ。

こっちの方が力強い感じがする、というのは頷ける。それまでは人生とすら呼べないものだったかもしれないけど、とにかく、これからが人生だ、という方が凄みがある。

いちごジュースを飲み終えて会社に行き、その日の夕方、社長に今月末で会社辞めます、と伝えた。

悲喜こもごも、いろいろなことがあった一年でした。
人生で一番働いた一年でもありました。

これからが人生だ。
そんな風に思える日々にしたいなあ。

« 一年が経ち、、、 | トップページ | 染井温泉でリフレッシュ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515017/54241890

この記事へのトラックバック一覧です: これからが人生だ:

« 一年が経ち、、、 | トップページ | 染井温泉でリフレッシュ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ